空港の災害対策について質問:予算特別委員会(総合政策部所管質疑)

佐野弘美道議は2018年10月4日、予算特別委員会(総合政策部所管質疑)で空港の災害対策について質問を行いました。

空港の防災対策を

北海道胆振東部地震で新千歳空港は1,200人が空港で一夜を明かしました。2年前の豪雪災害の際は、最大で6,000人が空港での宿泊を余儀なくされました。
新千歳空港における災害備蓄物資について実態をただした佐野道議に、道は毛布6,000枚、寝袋4,000個、水・非常食・簡易トイレはそれぞれ2,000個と答弁し、これまでに起きた災害にも備蓄物資が全く足りていない実態が明らかになりました。
2020年には道内空港一括民間委託が進められようとしています。佐野道議は、民間事業者だけに任せるのではなく、道として必要なチェックを行い、備蓄物資等の拡充を行うべきと質問しました。
空港戦略推進監は「道としても様々な場を通じて利用者の安全や備蓄物資の確保など空港における防災対策の充実に努める」と答弁しました。
佐野弘美道議は10月4日の予算特別委員会(総務部所管)および5日の知事総括質疑で、女性登用の促進について質問しました。

女性の活躍推進を

高橋知事就任以降、部長級職員393名のうち、女性は僅か8名と、女性活躍というにはほど遠い状況で、4年前にようやく8%の数値目標が設定されました。
佐野道議は、「道の女性登用率は全国平均や他の都府県に比べて低い実態をどう受け止めているのか、今後はどのように取り組むのか」と追及しました。
道は、「将来的な女性職員の幹部登用に向けた裾野が広がっている」と答弁するものの、これまでの女性登用が低いことについては何ら言及しませんでした。
高橋知事は、「今後とも、人材育成に務めるとともに、適材適所の配置のもと、積極的な女性登用に努めてまいります」と、安倍首相と同じ「適材適所」を繰り返しました。

予算委員会で質問する佐野議員 10月4日

損壊の墓石を補助対象に

菊地葉子議員は10月3日、予算特別委員会で、胆振東部地震で損壊した墓石について、熊本地震の際に、日本共産党の政府交渉で環境省が認めた「災害等廃棄物処理事業」として、国の補助事業を活用した事例を指摘し、配慮の行き届いた対応を求めました。
間俊一環境局長は「説明会での被災自治体からの相談に、補助事業の対象となると説明した。補助事業を活用できると市町村に助言し、関係事業団体などと調整をはかる」と答えました。