道政懇談会を開催

道議会終了後の7月16日、北区内の2カ所で道政懇談会を行いました。
佐野議員は2定議会でのカジノを含むIRについての議論を「道自身の調査でも、IRの収益の大半はカジノによる収益であり、その大半は道民の懐が狙い。北海道の観光資源や豊かな大自然を活かした、カジノに依らない観光振興にこそ力を入れるべき」と紹介し、「引き続き、道議会で取り組む」と決意を表明しました。

報告する佐野弘美道議 16日

防風林で特定外来種を駆除

先日佐野議員は、所属する町内会の会員として「守る会」の「オオハンゴンソウ(大反魂草)」駆除に参加しました。百人程の参加者が3時間黙々と作業して、生態系を乱す特定外来種を大量に駆除することができました。今後も地域の環境を守るための取り組みを大切にしていきます。

街頭からの道政報告

佐野議員は7月28日、屯田・新琴似地域で毎月定例の街頭報告を行いました。
2定議会で、LGBTの権利保障、障がい者の就労、アイヌ政策について取り上げたことを報告し、弱者や少数者が暮らしやすい社会にすることで誰もが暮らしやすい社会にできると訴えました。