道政報告

2018年4月21日、札幌北・石狩健康友の会総会に出席し、道政報告を行いました。

道が国民保険の運営主体になることによって、これまで市町村が国に納めていた保険料を、道が徴収することになります。国の国保財政赤字解消方針のもと、国保料の徴収強化や保険料の増額が懸念されることを報告しました。
1月末の生活困窮者向け住宅火災については、「支援を民間任せにしてきた結果であり、住宅福祉など、公的支援を強化するべき」と議会で求めたことを報告しました。
道民生活に冷たい高橋道政と対決し、いのちと暮らしを守る道政転換に向けて全力を尽くす決意を表明しました。

街頭から

4月28日、北区の新琴似地域を中心に8カ所で街頭報告を行いました。

安倍首相が提案する、自衛隊を記述した3項を憲法9条に加える改正案では、「戦力を持たない、交戦権を認めない」と定めた2項が、「後法優先の原則」によって空文化してしまいます。
知事が「憲法は、時代や社会情勢によって変えることもありうる」と改憲容認を示したことは重大です。「道民を守るべき知事ならば、こうした改憲には明確に反対するべき」と代表質問で指摘したことを報告しました。
原発やカジノ、社会保障など、何を聞いても「国が決めること。国に求めてまいる」と国任せの高橋知事を批判し、道民の声の届く道政に力を尽くす決意を訴えました。

5月3日の憲法記念日、北区麻生イオン前で道政報告を行いました。