原発のない北海道を考える講演会

佐野弘美議員は、原発問題連絡会の講演会で、原発・エネルギー政策に関する共産党道議団のこれまでの取り組みについて講演しました。

北海道に原発いらない道民の声を道政に

2018年4月24日、共産党道議団が福島の原発事故以前から一貫して、原発反対の立場から、原発の危険性や献金などの癒着、世論誘導のやらせメール問題などを、道議会で追及し続けてきたこと、安全でクリーンなエネルギーの地産地消の現場調査を継続してきたことなど、これまでの取り組みについて報告しました。

高橋知事は、「国のエネルギー政策は国が決める」とし、泊原発についても原子力規制委員会の判断に任せる姿勢です。「原発ゼロ」の道民世論を受け止め、今後も取り組む決意を
表明しました。

講演 する佐野議員 =24 日