雪害対策を申し入れ

2018年2月8日道議団は、前々日の大雪で農業被害が生じた新ひだか町を訪問して、被害の実態を調査し、要望を聞き取りました。
同町では農林水産業への就労支援・担い手支援をきめ細かく実施しており、ひとりの離農者も出さないために対策を講じようとしています。

2月14日道議団は、畠山和也前衆議院議員、谷園子新ひだか町議会議員とともに、道に対し早急の支援を求める緊急の要請を行いました。
対応した小野塚修一農政部長は、「国の支援を求めるなど、これからも意欲をもって就農できるよう支援して行きたい」と答えました。