第4定例道議会が開会

11月28日から12月14日にかけて、194億円の補正予算などが審議される道議会第4・定例議会が開催されました。開会日の朝、日本共産党道議団の真下紀子、菊地葉子、宮川潤、佐野弘美議員は、道庁北門前で、議会にのぞむ意気込みを語りました。

佐野道議の訴え

佐野議員は、米海兵隊の夜間砲撃訓練強行や、オスプレイ飛行訓練強行を強く批判し、陸上自衛隊の演習場外訓練により北海道が軍事基地化される危惧を訴えました。
JR北海道が狙う路線廃止をやめさせて、道民の移動・通行の権利を守ること、活断層の存在が確認された泊原発を再稼働させないこと、子育て支援などを実現させ、道民のいのちと暮らしを守るためみなさんとともに解決に力を尽くしますと表明しました。

地方自治の実現は現憲法の本旨

全国知事会は、参院選挙区の合区解消と地方自治を位置づけた「憲法改正草案」を発表し、高橋知事は「憲法も時代とともに変えるべきところがあれば変えるべき」と、改憲に意欲を示したと報じられています。

真下紀子議員は、自衛隊明記の危険性を指摘し、「改憲に必要性や合理性はない。現憲法にのっとって地方自治の実現をはかることこそ知事の役割」とただしましたが、知事は「内外の社会経済情勢の変化に応じて、憲法の見直しはあり得る」と、改憲勢力が3分の2を占める国会に委ねる態度を示しました。

第4回定例道議会にのぞむ決意を語る佐野弘美道議 2017年11月28日