北海道知事は演習場外訓練に反対すべき:道議会本会議で一般質問

2017年9月25日、佐野弘美議員は道議会本会議で一般質問を行い、陸上自衛隊が道内各地で実施している大規模な演習場外訓練などについて、知事の姿勢を質しました。

8月には陸上自衛隊と米海兵隊の共同訓練が過去最大の規模で実施され、事故や故障を繰り返しているオスプレイが夜間も訓練を行って、道民に不安を与えたばかりです。
10月16日から実施されている陸上自衛隊の「北部方面隊総合戦闘力演習」は、人員約17,000人、車両約3,200両が参加する極めて規模の大きい地上訓練で、28市町村において学校グランド跡地や民有地などが演習に使用されます。
「場外訓練などで北海道が軍事基地化するような事態に対し、市町村まかせではなく、道が反対すべき」と追及した佐野道議に対し、知事は「国の責任で安全管理の徹底が図られる必要がある」と道の責任を放棄し、「北海道の良好な訓練環境を一層活用する」とした閣議決定に追従する、驚くべき答弁を行いました。

北海道の軍事基地化に反対を

佐野道議は、道内の6分の1もの市町村において、住民の目に触れる場所で、地対艦ミサイルの発射訓練などが行われている事態や、自衛隊の演習場外訓練の要請に再検討を求めた市町村もあることを指摘し、知事に対し「国に安全管理をお願いするでだけではなく、実態を積極的に把握して道民に情報提供すること、何よりも北海道の軍事基地化に反対する姿勢を明確にすべき」と強く求めました。

一般質問をおこなう佐野道議 =9 月25 日