地域医療を守る(打開策を探るための懇談会) 北渡島檜山地域4町

佐野弘美・宮川潤両議員は2019年1月23日、北渡島檜山地域医療の、実態を知り打開策を探るため八雲町で懇談会を開きました。(北渡島檜山は、道内を21に分割した二次医療圏の内、八雲・長万部・今金・せたな町の4町からなる地域の名称です)

診療体制が!

入院970床を持つ4町内の7病院は、出張医の派遣で診療体制を維持し、医師不足で休床が生じる現状です。

4町には高度急性期病床も、がん指定医療機関もありませんから、深刻なのは心筋梗塞や脳梗塞などで緊急の措置を要する場合です。

夜間に倒れたら!

多くは100から150㎞離れた函館の医療機関に搬送されますが、ドクターヘリは到着まで数時間かかるうえ夜間は飛びません。「夜間に倒れたら自家用車で函館に走るしかない」と、切実な訴えがありました。

佐野、宮川道議は「地域医療構想について、各町で説明会を開くことと、住民の医療要求を道にしっかり伝えることが大事。議会でしっかり求めて行く」と語りました。