地域医療を守る(打開策を探るための懇談会) 北渡島檜山地域4町

佐野弘美・宮川潤両議員は2019年1月23日、北渡島檜山地域医療の、実態を知り打開策を探るため八雲町で懇談会を開きました。(北渡島檜山は、道内を21に分割した二次医療圏の内、八雲・長万部・今金・せたな町の4町からなる地域の名称です)

診療体制が!

入院970床を持つ4町内の7病院は、出張医の派遣で診療体制を維持し、医師不足で休床が生じる現状です。

4町には高度急性期病床も、がん指定医療機関もありませんから、深刻なのは心筋梗塞や脳梗塞などで緊急の措置を要する場合です。

夜間に倒れたら!

多くは100から150㎞離れた函館の医療機関に搬送されますが、ドクターヘリは到着まで数時間かかるうえ夜間は飛びません。「夜間に倒れたら自家用車で函館に走るしかない」と、切実な訴えがありました。

佐野、宮川道議は「地域医療構想について、各町で説明会を開くことと、住民の医療要求を道にしっかり伝えることが大事。議会でしっかり求めて行く」と語りました。

 

 

命の水を企業に売るな! – コンセッションは大問題

昨年(2018年)暮れ強行採決した入管法改正に隠れるように、漁業法や水道法の改正も強行されました。
問題の多い水道事業の広域化や民間企業への運営権売却(コンセッション方式)は、今後自治体で議論されることになります

真下紀子議員は強行採決直後の2018年12月7日、予算特別委員会で、コンセッション方式の問題を質し、改正水道法が、都道府県に水道広域化の取りまとめを担わせていると指摘しました。

改正水道法は20万人以上をコンセッション方式の対象としており、道は28回の地域別会議を開催して広域化を進めようとしましたが、現状は進んでいません。。

真下道議は、「コンセッションで権利を買った企業は、利益を優先する結果、料金の高騰や水質悪化を招く。議会や市民の監視機能が低下して、情報開示が縮小し財政運営の不透明化が起きる。傘下企業が契約を独占すれば、地元の関連事業者も打撃を受ける。ましてや水源管理を脅かす海外資本への市場開放は許されない」と主張しました。

 

コンセッション方式とは?

相当の期間にわたり、上下水道や空港港湾などの公共インフラ経営権を売却する制度