北海道の転出超過 – 全国6位

佐野弘美議員は、2019年2月14日道議会人口減少問題・地方分権改革等調査特別委員会で、総務省が公表した2018年の住民基本台帳に基づく人口移動報告(外国人を含む)について質問し、道の取り組みをただしました。

北海道は、転出者が転入者を上回り、「転出超過」が6,214人と都道府県別で6番目なのに対し、札幌市は「転入超過」が8,283人で、全国市町村別の5番目でした。

札幌市をはじめ、道央圏への転入超過が多い一方で、上士幌町や下川町、豊富町など都市部から離れた小規模な町村でも転入超過となっています。佐野議員は、こうした自治体の取り組みについて質問し、他の市町村に広げるなどの対応を求めたのに対し、小野塚修一総合政策部長は「道外からの移住促進に向けて、情報発信など、様々な取り組みを行っており、市町村とも連携しながら全力で取り組む考え」と答えました。

佐野議員は道民の95%が「北海道が好き」、83%が「住み続けたい」と答え、医療・介護、雇用の場、子育て支援に不安の声が多いという世論調査の結果を紹介し、地域で安心して住み続けられる取り組みを強めるよう求めました。

 

質問する佐野道議 2月14日