保育料寡婦控除 : 全市町村でみなし適用に

5月9日の少子高齢社会対策特別委員会で、宮川潤議員は「非婚の親も寡婦(夫)とみなして保育料を減額している市町村は、道内にいくつあるのか」とただしました。

森本秀樹自立支援担当課長は「指定・中核都市を除く176市町村中30市町で実施」と答弁しました。

「市町村の財政負担なしに、全ての市町村ですみやかに実施しすべき」とただす宮川議員に、栗井是臣少子高齢対策監は、「国は今年度から、未婚のひとり親に保育料のみなし控除を実施する。道は道民への周知と、市町村への通知で徹底をはかる」と表明しました。

宮川議員は「その財源手当を国に要望すべき」と強く迫りました。

質問する宮川議員=5月9日