議会にJR貨物を招致

2018年3月19日、道議会地方路線問題調査特別委員会は、日本貨物鉄道㏍(JR貨物)の玉木良知取締役ら幹部を招致し、鉄道貨物輸送の状況について質疑を行いました。

食料自給に鉄路は必須

JR貨物は、「農産物の大量輸送に貢献し、復路の貨物が減る季節変動には、共同輸送で利用を拡大している。鉄道の大量・広域輸送は、環境面のメリットがある」と述べ、線路利用料金を値上げしないよう求め、地元協議会への参加を要望しました。
真下紀子議員は、「日本の食料自給にとってJR貨物は欠かすことのできない物流であり、一緒に鉄路存続に向けて頑張っていきたい」と表明しました。