地方路線問題特別委員会

2018年2月26日、JR北海道の島田修社長らを参考人招致して、道議会特別委員会で集中審議が行われました。

真下紀子議員は「度重なる脱線事故やレールのデータ改ざんなど、命を預かる鉄道会社にあってはならない問題や、自然災害で崩壊した鉄路を長期間放置している問題などがあまりにも多い」「安全対策をおろそかにし、利便性を低下させては、利用者のさらなる減少が危惧される。どのような経営努力をしているのか」と厳しく追及しました。
JR北海道は「安全にかかわる金を削って帳尻を合わせた」「老朽化対策を怠ったことにつながったと深く反省している」と認めつつも、自治体や道民への負担を求めていく姿勢に終始しました。

質問する真下議員 =26 日