JRの再生と地域の発展

「JR北海道問題を考える学者弁護士の会」代表の、宮田和保道教育大名誉教授が「JRの再生と地域の発展」と題して講演を行いました。

JR会社間の著しい格差を生みだした「分割民営化」を正す必要があること。公共交通による移動は基本的な権利であり、国はその権利を保障する責任があること。赤字を理由にしたJRの廃線は地方切り捨てであること。などを、参加者とともに再確認しました。

佐野弘美議員は、共産党道議団の幾度にもわたる議会質問と、主体的な行動に欠ける高橋知事事の姿勢について言及し、引き続き取り組む決意を表明しました。