川中島の保健室

長野県長野市で「川中島の保健室」を開設している白澤章子さんを訪問し、開設に至る思いを伺いました。 白澤さんは、40年間養護教諭として勤務し、退職後に自宅の一室を「まちの保健室」として無料で解放、ボランティアで相談を受ける活動を8年にわたって続けられています。 高校生や思春期の子を持つ保護者など、毎月30人ほど相談に訪れる他、全国の関係者が視察にみえるそうです。 性教育に関する講演活動、相談事例やエピソードなど、議員活動に生かせそうな貴重なお話をたくさん伺いました。

障がい者の就労支援

佐野弘美議員は9月5日の道議会保健福祉委員会で、「就労継続支援A型事業所」が休廃止しても利用者の働く権利が守られるよう、道の取り組み強化を求めました。 障がい者の「就労継続支援A型事業所」は、国から障害福祉サービスの給付金や、雇用の助成金などの支援を受けます。その支給要件が4月から厳しくなり、全国で休廃止が相次いで雇用不安が広がっています。 道内の廃止事業所は(札幌市を除き)、昨年度20カ所だったのに今年度は4カ月で、すでに9カ所と増加傾向です。 佐藤保健福祉部長は「サービス継続に向け、事業者に対して必要な指導を行うとともに、市町村や関係機関との連携を図り、利用者が安心してサービスを受けられるよう努める」と答弁しました。 また、事業所を休廃止する届出について、厚生労働省が通達を出して、利用者の異動先や面談内容などの詳しい報告を義務付けるなどより厳格な対応を求めていることにかかわり、佐野弘美議員は「過去に就労先が決まっていないのに届出を受理したことや、利用者の意思に反したサービス変更がなかったか」と質しました。 道は「全ての事例について、利用者の就労先を確認し、サービスを変更した場合につ… 続きを読む障がい者の就労支援

道議会第3回定例会

道議会第3回定例会は、2017年9月12日から10月6日までの間、開催されています。 開会にあたって、道議団4人がそろって街頭から訴えました。 佐野弘美議員は、子どもの生活実態調査について、「道は目標を定めて貧困問題の解消に取り組むべき。子どもの医療費や就学援助、奨学金、親の雇用の改善や、世帯への経済的支援など、課題は幅広い。 子どもたちの未来を守るために、重要課題を一つ一つ議論し、一歩でも二歩でも前に進めるために力を尽くします。」と訴えました。 66.9億円の補正予算や106.9億円の議会新庁舎費などが審議される議会です。29日から5日間予定されている予算特別委員会には真下紀子議員が立ちます。 9月25日の午後には佐野弘美議員が一般質問を行う予定です。