2017年5月29日、日本共産党道議団は対道交渉を行いました

475項目の要請 全道各地からかけつけた市町村議員73名とともに、事前に地方からの要望をまとめた157項目におよぶ膨大な要請について道に実現を迫りました。 主な要望は 国とJRの責任で鉄路を守り、地域の再生をはかる ▽医療・介護・福祉・子育て・教育を充実する 原発ゼロ、再生エネルギーの拡大 不要不急の大型公共事業を見直し、安全最優先・暮らし密着型の公共事業をすすめる 憲法に基づき、道民から信頼される道政に努める等です。 別海町から「危険なオスプレイの飛行訓練をさせないよう」 中村忠志別海町議は、「日米共同訓練についての8項目の要求をしていたのに、道はまともに答えていない」と批判し、「矢臼別演習場で穴を掘って残土を排出している」と指摘して、危険なオスプレイの飛行訓練をさせないよう要求しまいた。 「訓練は無事故が当たり前」と回答する道に、道議団は「事故を前提に対応し、住民の意見をきくべき」と指摘しました。