日本共産党道義団が知事に58項目要望書を渡す – 2017年予算編成に関して

2017年1月27日、道議団と共産党北海道委員会は、17年度予算編成に関して58項目におよぶ要望を高橋知事に手渡し、「道民の命と暮らしが大事にされ、安心して住み続けられる北海道をめざす予算編成を」と訴えました。 鉄道網ワーキングチーム - 知事へ報告書提出 昨年(2016)11月から「鉄道網のあり方」を検討してきたワーキングチームが、7日鉄路の役割を6種類に分類した報告書を知事に提出しました。 札幌近郊の都市圏路線とともに維持すべしとされた石北線と宗谷線はともあれ、JRが既に廃止・バス転換方針を示している4路線の沿線住民の落胆が目に見えるようです。 道とりわけ国の関与を 1987年の国鉄分割民営化を総括せずに国の責任を放置してJR問題の解決はありません。JR東海の無謀なリニアーに何兆円もの国費が投入されるのなら、道内の道路予算二千億の一部をJR北海道に回しても、何も不都合はないと思います。 議会にむけて 鉄道は環境と弱者に優しい公共交通機関です。「地域の生活路線」を守ることは、北海道を健全に保つことにほかなりません。 「命と暮らしを守る」立場で議会に臨んでいきます。

ついに実現「公正任命」 – 北海道労働委員会

北海道労働委員会は、2年任期の公益・経営者・労働者の、各立場側委員それぞれ7名で構成されます。各立場側の委員1名、計3名で各案件にあたり、不当労働行為を調査・審問して命令をだしたり、労使紛争の斡旋・調停及び仲裁を行います。ブラック企業が横行する当世、労働者・労働組合の強い味方です。 その労働者委員が、13期26年間にわたり、連合推薦の委員のみが任命される不公正が続いてきました。 都府県で12番目 北海道労働組合総連合(道労連)は、10年にわたる裁判闘争をたたかい、最近の3期については「違法」判決をかちとることで、ついに道労連の赤坂正信副議長を任命させることができました。 知事を動かしたもの 知事の偏向を是正させた力は、労働組合のみならず、弁護団・学者、そして何度も道議会で追及した日本共産党道議団です。 直近は9月の代表質問 菊地道議は、「知事の労働委員任命に対して、三度にわたり違法判決が下されたことを重くうけとめ、労組法上の推進制度の趣旨を尊重した委員選任の決意をすべき」と質しました。  

元旦のご挨拶 – 新琴似神社で 佐野弘美 道議

好天に恵まれた2017年元旦、佐野道議は篠路・江南・新琴似の各神社で、参拝に訪れる善男善女に、恒例となった新年のご挨拶をいたしました。 佐野道議の報告 日本共産党北海道議団が4人になってはや2年になろうとしています。 昨年の本会議ではアベノミクスと消費税・TPP・自衛隊の実弾射撃・知事の海外出張など知事の政治姿勢について質問をいたしました。文教委員会では学校の図書の充実、アスベストの危険性・水産高校実習生の投票権などを質問してきました。 暴走する国政の防波堤となる道政を目指し、がんばります。